試験合格

税理士になるには、国家資格試験である税理士試験に合格する必要があります。 そのほか、大学院において税法等の博士課程を修了した場合にも資格が付与されます。 大学院で一定の博士課程を修了した場合でも、税法科目や会計科目の一部の試験に合格する必要があります。 税理士は税金問題の専門家として、税務署の実施する税務調査に立ち会って意見等を述べる税務代理行為を行います。 そのほか、税法に関する税務相談や税務署へ提出する所得税、法人税や消費税の確定申告書・申請書・届出書等の作成などを行っています。 税務代理行為、税務申告書の作成、税務相談などについては、税理士以外の者が行うことは法律で禁止されています。 税務署等に長年勤務して一定の研修を受講した場合にも、税理士資格を取得する場合があります。

国家資格試験に合格して税理士になった者には、簿記や申告書の作成に精通した者が多数います。 税務署出身の税理士には、税務調査の対応との経験豊富な者が多数います。 大学院で博士課程を修了して税理士資格を取得した者には、会計学や税法学の専門的知識を有している者が多数います。 横浜市は神奈川県の県庁所在地であり、人口370万人の神奈川県内では最大の都市です。 横浜市にある横浜国立大学の経営学部には、会計・情報学科が設置されています。この会計・情報学科では、会計学や税法学などの専門分野の研究を行っています。 そのため、公認会計士や税理士などを目指す大学生が多数学んでいます。 横浜市内の公認会計士や税理士の多くが、この横浜国立大学の出身者です。