専門者に相談

確定申告をする人の中には税理士に相談をしたいと考えている人も多くいます。不動産投資をしている人、フリーランスで働いている人、開業医、株式投資などをしていて損益通算をしたい人、など、これらの人々は確定申告の必要があります。確定申告に必要な報酬はケースによって異なりますが2万円からが相場になります。ただ、一般的な相談内容であれば税務署でもしっかりとした回答を得ることができます。問題は、どちらともとれるような判断ができる内容の時です。確定申告をする際に、経費を計上することになりますが、支払ったものがすべて経費となるわけではありません。特に家を事務所にしている時の光熱費などは負担割合が必要になりますが、どれくらいの負担割合にしてよいのかは判断がわかれるところです。

税理士に相談をするべき時というのはこのような時なのです。確定申告の準備や仕訳入力は自分で行いましょう。これらの事務手続きにも費用が発生してしまいます。自分でもできるところは自分で処理すればコストも抑えることができます。税理士には必要なところだけ手伝ってもらうようにしましょう。ちなみに、税理士と言っても、いろいろな人によって専門分野が違います。医療系に強かったり、相続に強かったり、広く浅く総合的に扱っている税理士事務所もあります。フリーランスや不動産投資などで確定申告をしなければならない人は総合的に扱っているところを選んでも問題はありません。何を強みとしているかは税理士のホームページを見ればわかります。