様々な税制

近年ではさまざまな税制が設けられています。また事業を行う主体としても法人や個人事業だけでなく、NPOなど形態も多様化してきています。これらいずれの形態であってもその収入の種類などによって税金を納付することになります。 そういった様々な形態に従って税額を納付する際に、事業主がすべての制度を網羅することは現実には困難です。そういった際には専門家である税理士に依頼することができます。専門家である税理士であれば、事業主に比べると深い知識を持っており、またさまざまなケ−スを経験しているため、事業主を助けることができます。 今後の予測については、それぞれ税制のフィ−ルドが広がるため税の中でも専門性の高い税理士が出てくると考えられています。

税理士とひとくちに表現したとしてもさまざまな税理士がいます。注意すべき点としては、まず事業主と接する機会やさまざまな相談を行うことが必要となるため、合うか合わないかという点が非常に重要となってきます。たとえ仕事の質が高かったとしても、相談しにくい関係しか築けないのであれば、相談する機会が少なくなり、事業主に負担や不利益が生じるおそれがあります。 また税理士の中でも得意分野があります。相続税法を熟知し、経験を積んだ税理士などもいます。またNPOを中心に業務を行っている税理士もいます。もしスポットで依頼するのであれば、こういった得意分野の税理士に依頼することで思いもよらない特例などを適用できることもあります。